FC2ブログ




出かけられる時の参考に見て下さい。


宝泉寺
右京区宝泉寺の花菖蒲や紫陽花が綺麗だと聞き、雨が上るのを待ってバイクで飛び出した。
右京区といっても、我が家から1時間半ほどかかる京北町である。
京都市内だというのが信じられないほどの山奥。
国道162号線、通称、周山街道を日本海に向かって走る。
ほとんど信号がなくて、その代りカーブが多い道だ。
ふと、会社の先輩の自慢話を思い出した。
「俺は若い頃、カーブの鬼と呼ばれてて、そのスピードは誰にも負けへん。カーブでバイクをねかすから、タイヤの真ん中より縁が減って困ったもんさ。」
(≧▽≦)あはは そんな奴はおらんやろ~~!
昔に比べて、いくつもの長いトンネルが開通しているので、峠を超える回数が減って助かる。
でもね、トンネルの中はめちゃくちゃ寒いんです・・・
hosen2.jpg
hosen1.jpg
hosen3.jpg

弘法大師が真言密教の道場とされた京都高雄の古刹神護寺に、宝泉寺の前身の宝泉院と呼ばれた一寺がありました。
南北朝時代の延文元年(1356)、心蓮上人は母親の病気平癒を祈願し、
十一面観世音を秘仏の本尊として、この地に移転、新たに宝泉寺を開創されたと伝えられています。
以来、宝泉寺が病気平癒に格別の霊験のあるお寺として、人々の信仰をあつめてきたのです。

すいません~ 花菖蒲が綺麗だと聞いてやってきたのですが、どこに咲いているのですか?
それが・・・
鹿に全部食べられて、何もないんです。
ミ( ノ_ _)ノ=3ドテッ!
hosen4.jpg

鹿だけに仕方が無い。
で、すまされるかぁああ~~~!
ぼう寿司が美味しいと聞きましたが?
それが・・・
こんな事情で、どなたもお越し頂けないので作っていません。
ミ( ノ_ _)ノ=3ドテッ!
hosen5.jpg

鹿のバカ!
バイクを止めたお寺の裏側に戻ると、キュウキュウという鳴き声。
なんだ~?
裏山をみると、鹿が二匹こちらを見ている。
お前らか~~~
ちょうど、聞き耳地蔵さんがおられたので、
たらたら文句をいっぱい聞いてもらいましたとさ。
今日は、空振り三振の巻き(-ε-o)ボソッ
hosen6.jpg


宝泉寺のHP

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する