FC2ブログ




出かけられる時の参考に見て下さい。


住吉大社
初詣はどこへ?
京都なら、伏見のお稲荷さんか平安神宮でしょうか。
私は因みに向日神社です。
あれ?ローカルで分からない?アハハ
大阪では皆さん口を揃えて、すみよっさんらしいです。
ほんまかな?
hankai32s.jpg

境内にある石燈籠は約600基とか。
形もいろいろ、見て歩くのもいいかもしれません。
hankai34s.jpg


とにかく、でっかくて立派!
由緒格式高い神社であることは、行ってみればすぐにわかります。
全国に約2,300社ある住吉神社の総本社。
西暦211年神功皇后への神託により天火明命の流れを汲む一族で摂津国住吉郡の豪族の田裳見宿禰が、住吉三神を祀ったのに始まります。古代大和王権の外交・航海に関連した神社で、遣隋使・遣唐使の守護神でした。
古っ!

hankai31s.jpg

太鼓橋(反橋)
淀殿が寄進したとされる橋です。
この橋を渡るのは、神さまに近づくのに罪や穢 (けが) れを祓 (はら) い清めるためで、
反っているのは、地上の人の国と天上の神の国とをつなぐ掛け橋として、虹にたとえられていたそうです。
渡るのしんどいし、ちと怖いです・・・
hankai4s.jpg

住吉造
4棟の御本殿は「住吉造」と称し、神社建築史上最古の様式の一つとも。
いずれも国宝に指定されています。
hankai30s.jpg


住吉大社HP






スポンサーサイト




石橋赤い橋商店会
大阪府の池田市、阪急(宝塚線)石橋駅西出口すぐ右の石橋赤い橋商店会。
古き良き時代、昭和の香りが漂うレトロな商店街なのです。
昭和の3-4年頃より、箕面有馬鉄道の石橋駅近くの能勢街道通りに散在してできてきた十数店の商店がこの商店街の始まりです。
icbc6s.jpg

この赤い橋は、箕面川の上にかかっている橋で、
みのおがわばしと言います。
雰囲気が、千と千尋の神隠しに出てくるような感じ。icbc8s.jpg

橋の向こう側には鳩と人の像があるのですが、謂れは分かりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
icbc7s.jpg

通せんぼ
阪急石橋駅西口を降りると、商店街を通らなければどこにも行けません。
家に帰ることもできないのです(笑)
icbc9s.jpg

ごちゃごちゃ
阪急石橋駅は大学、高校の最寄り駅、ここから阪急箕面線が走っているため、乗り換えに利用される人も多いので人いっぱい。
商店街の道幅は狭く、気持ち的にごちゃごちゃ感があります。
でも、それが良いのかも知れませんね~
icbc10s.jpg


世界のビール博物館
世界のビール博物館グランフロント大阪店は、最大キャパシティ700名を超える広々とした店内で、日本初輸入のレアな樽生ビールを中心に、樽生ビールを常時20種類以上、ボトルビールを含めると250種類を超える世界のビールと、世界35ヶ国、20種類以上のワインとそれらに合わせた様々な国のお料理を堪能できるレストランです。

gf2s.jpg
gf7.jpg

去年の暮れにできたようです。
ちょっとお高いので覚悟の上でお越し下さい。

gf3s.jpg
gf6.jpg


大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪ショップ&レストラン 北館B1
TEL:06-6371-6968 FAX:06-6371-7068


裏天満
JR環状線天満駅を出ると、
南北に2.6km、約600店舗が建ち並ぶ、日本一長い天神橋商店街あります。
さすがに大阪、めちゃめちゃ人が多いなぁ~!

tenma1s.jpg

朝ドラのマッサンの前、ごちそうさんを覚えていますか?
地元の人も意外と知らないらしいんですが、最近裏天満と呼ばれているエリアがあり、
め以子が通う市場のモデルは、このエリアの「天満市場」だと言われています。

tenma8s.jpg
tenma14s.jpg

このエリアには、透明シートで周囲を囲っただけのシンプルなお店が多いことから、
ビニシー通り の異名もついてます。

tenma17s.jpg

天神筋橋商店街の裏側に広がる、今注目のエリアが裏天満
裏天満では卸の強みを生かした飲食店が急増しています。

tenma9s.jpg
tenma13s.jpg

マッスルホルモンは、
朝、一頭買いした牛を、その日のうちに処理した新鮮なネタだそうだ。
で、この店のお酒はマッスルジョッキーでの飲むのである。
マッスルマッスル!

tenma16s.jpg

毎日一軒行って飲んで食べても、死ぬまでに廻り切れない数のお店!
それが、裏天満なんです。
一緒に行きましょか~(笑)

tenma12s.jpg
tenma11s.jpg
tenma10s.jpg

モンロー田村はん
この稼ぎ時に臨時休業はあきまへんで~!

tenma15s.jpg







旧杉山家住宅
かつてこの住宅に住んでいた杉山家は、富田林寺内町の創設にもかかわったといわれる旧家のひとつである。杉山家は江戸時代から明治時代にかけて、この住宅で造り酒屋を営んでいた。
旧杉山家住宅は、江戸時代中期17世紀中頃の建造である。富田林寺内町の中でももっとも古い建築物とされていて、また現存する町家の中でも最古と考えられている。1983年に国の重要文化財に指定され、また同年、富田林市が住宅を買い取り、解体修理工事ののちに一般公開されるようになった。

gnai31s.jpg
gnai24s.jpg
gnai23s.jpg
gnai29s.jpg


また、旧杉山家住宅は、明治時代に与謝野晶子らとともに活躍した明星派の歌人・石上露子(いそのかみ つゆこ、本名・杉山孝(「杉山タカ」の表記もある))の生家でもある。その関係で、石上露子ゆかりの書簡やパネルなども旧杉山家住宅で展示されている。

gnai25s.jpg
gnai30S.jpg
gnai28s.jpg
gnai27s.jpg
gnai26s.jpg